My Yahoo!に追加

過払い利息返還請求の打撃を受け、アノGMOが金融事業から撤退!

一時期、審査が激甘とウワサになり、申し込みが殺到したGMO。

13日、消費者金融子会社と証券子会社を売却し、金融事業から撤退すると発表した。

過払い利息返還に関連するコストが増加しているのが撤退理由。


ちなみに、売却にともない、過払い利息返還に関連した損失引当金72億円、貸倒引当金繰入額105億円。


過払い利息の返還は、まさに大打撃!とくに審査を甘くしたため、リスクの高い顧客を抱え込んだこの会社にとっては、大きな損失になったのでしょう。

ということは、激甘審査で有名だったアノ会社も危ない?

クレジットカードや消費者金融が金利引下げに動き出す

改正貸金業法の全面施行を控え、クレジットカードや消費者金融業界で、個人向けローンの貸出金利の上限を引き下げる動きが一段と広がってきました。

OMCカードは9月に、現在の28.8%を18%に下げるほか、アイフルも8月から新規客向けを28%台から20%にする模様。

上限金利下げは収益悪化につながるが、前倒しで引き下げることで、利息返還請求の長期化を避ける狙いがあるのだろう。

大手カード会社のうち三井住友カード、三菱UFJニコス、JCBなどは6月までに、キャッシング金利の上限を従来の26〜27%を18%に引き下げた。

クレディセゾンも7月から24〜25%を18%に下げた。


消費者金融4社の営業収益は大幅な減益したが黒字を確保

貸し倒れによる収益低下を防ぐため、融資審査を厳しくしたことから、各社とも貸付金残高が減少。

売上高に当たる営業収益は、前年同期に比べ8.5〜19.0%落ち込んだ。

その一方で、4社とも最終(当期)利益は黒字だったらしい。

これは、過払い利息の返還請求に備えて、引当金を大幅に積み増したことで、軒並み最終赤字に転落したが、4〜6月期は引当金の積み増しが一服し、黒字転換したようだ。

いづれにしても、貸し出しは今後も縮小傾向が続くとみられ、大手各社は個人向け融資以外の新たな事業分野の開拓を急ぐことになりそうだ。


(引用元:Yahooニュース)
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20070803-00000124-mai-bus_all

保証人の紹介制度

「保証人になって欲しい」という言葉は、親・兄弟であってもなかなか言えないものだが、いろんな事情により、保証人を必要としている人は多い。

そこで、保証人をやってもいいという人を、紹介するサービスがありますよね。

この保証人紹介のサービスを提供している企業は、一般的には保証人協会とひとくくりにされてますが、保証人協会と言ってもさまざまな企業がさまざまな仕組みの中で保証人の紹介活動を行なっています。

この保証人紹介制度、まだまだ新しい分野であるため、保証人紹介サービスを提供している企業の規模の大小や、モラルに左右される部分が大きく、最悪な事例としては保証料だけ取って紹介なしという詐欺まであるので、保証人紹介サービスの提供企業(保証人協会)選びは慎重に行なう必要がある。

もっとも、保証人になる人は最悪債務を背負うという大きなリスクを伴います。そんなリスクのある保証人に、見ず知らずの人がなってくれるなんて・・・

ネオ・ヤミ金が台頭!?

「他社で融資を断られた人が、『どうしても借りたい』とやってくる。リスクが高いから、高めの金利で貸している。でも10日で1割の利子を取るようなヤミ金とは違うよ」とある金融業者。

大手の消費者金融などで融資を受けることができなかった人が流れ着つく金融業者はネオヤミ金と呼ばれている。

最近では、利息制限法の影響で成約率がものすごい勢いで低下しています。

大手のアイフルの場合、2006年4月に62%あった成約率が、今年4月には35%にまで急落。

広報担当者は「貸し倒れを防ぐため、与信審査を厳しくしている。ある社で断られた人が別の社を訪ねてまた断られるという現象も起きており、それだけ多くの会社で成約率が低下する原因になっているようだ」と説明。

大手各社は最高金利の引き下げを迫られている。

利益が減る分、貸し倒れ損失を回避する必要があり、審査を厳しくせざるを得ない。

金融庁が大手27社を対象に実施した調査では、22社が「与信管理を強化している」と回答。

その一方で、ネオヤミ金が台頭してきたというわけだ。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。