My Yahoo!に追加

借入審査を通しやすくするコツ

消費者金融の審査は会社によって全く違います。

同じ消費者金融でも、支店や決裁者によって審査結果が変わってくる事もまれにあります。

審査方法として、大手消費者金融会社などはオートスコアリング(内容を入力すれば自動的に結果が出るシステム)を採用している会社がほとんどです。

その結果に基づき、最終的には支店長権限で、10万アップや10万ダウンといった事も出来るのです!

そのために、スコアリングでボーダーライン上の人などは、ちょっとしたことで融資可能となり得るのです!!

そのちょっとしたこととは・・・

ずばり、週明けの朝一月末近くに申し込む!

なぜか・・・

どの会社も営業目標があり、それを達成するためには、1週間の計画を立てているはず。

週の始めの月曜日の朝は、目標達成のため、少しでも多く融資をしようとなっているはずなのです!

そして月末近く、特に25日以降はねらい目!月の目標を達成するために一番稼動が増える時期なのです。少しでも融資できそうであれば、何とか契約に持ち込んでしまうこもと・・・


あと、連続申し込みは審査を通りにくくしますので、注意してください!

消費者金融に申し込みをすると、「●月▲日に申し込み×件」と情報センターに載ってしまいます。

たとえ借り入れが全くなくても、申し込みが5件も6件もあれば確実に怪しいと敬遠されます。

複数の会社に申し込みを行うときは、多くても1日2〜3件にしておきましょう。

お金を借りる時に必要な書類

消費者金融で契約には、基本的に身分証明書と印鑑(シャチハタ以外)があればOKです。

身分証明書は運転免許と保険証の2点が必要なケースほとんどです。

運転免許のない人もいますが、その場合には保険証だけとか、保険証プラス公共料金の明細書などの場合もあります。

これは消費者金融会社によって違うので、担当の人に聞いてみましょう。

高額や「おまとめ融資」だと、源泉徴収や給与明細なども必要になってきます。

選べる申し込み方法

消費者金融の借り入れ方法にも何通りかあります。

電話
ネット
無人契約機
店頭申し込み

一番簡単な方法はネット申し込みです!

審査結果もすぐ確認できるところが多く、最近では「ネット限定キャンペーン」などを行っているところもあるので、ネット申し込みのがお得です。

ただ、どれが良いかは人それぞれで違いますので、それぞれの申し込み方法について説明します。


■電話での申し込み
消費者金融へ電話をかける

申し込みに必要な事項(名前・生年月日など)を聞かれます

その後、審査結果の電話がかかってきます

融資可能であれば、来店・振込み・無人契約機のどれかで契約できます

振込みであれば、後日金融会社より書類が送ってきますので、必要事項を記入した上で添付書類を入れて送り返さなければなりません。


■インターネットでの申し込み
ホームページにアクセス

申し込みのページから、必要事項を入力

全ての入力が終わると、消費者金融の方で審査が行われ、終わり次第結果がメールや電話で伝えられます

融資可能であれば、すぐに振り込んでくれるので、後日送られてくる書類に必要事項を記載して送り返します


■無人契約機での申し込み
画面の指示に従って申し込みを進めていきます。解らない事があれば、その都度確認ができます

画面の指示に従い、申込書を無人機に挿入したり、身分証明書を読み込ませたりします

全て終了すると審査が始まります

融資可能であれば、カードが発行されます

そのカードを使い、店内にあるATMで借り入れできます


■店頭での申し込み
消費者金融会社の窓口に直接行きます。身分証明書が必要なので忘れずに!

すべて、お店の人が対応してくれますので、その人の指示に従って、申し込み用紙に記入したりします

融資可能となれば、そのままカードと現金の受け渡しがあり、書類などはその場で全て作成します。振込みなどと違い、後日送られてくる書類は何もありません。

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。