My Yahoo!に追加

実際にあった電話でのトラブル

とある社員の話です。


お客様が返済期日を過ぎても入金がありません。

その方は、50代で自分専用の携帯電話もなく、勤務先は工場勤務で休憩時間でも、呼出しが出来ない会社でした。

夜、仕事が終わった時間をみはからい、男性社員が自宅に電話しました。

奥様が出られ「どちらさまですか?」

男性社員は「○○と申します」と自分の名前を名乗りました。

奥様「主人はまだ戻っていませんよ。」

男性社員「わかりました。夜分失礼致しました。」

その日は本人と連絡がとれませんでした。

数日たっても本人と連絡が取れず、返済になる迄は毎日連絡しないといけません。

遅れてから5日目くらいのこと。こちらからお客様の自宅に電話した時、とうとう奥様が不審に思い、強い口調で「毎日毎日電話来るけど、あなたうちの主人とどういう関係なの?おカネでも借りているの?」といわれてしまいました。

その男性社員は入社したばかりで、こういう経験がありませんでした。

奥様の勢いに圧倒され、思わず社名を名乗ってしまいました・・・

翌日、お客様本人が物凄い形相で、窓口に怒鳴りこんできました。

「お前の会社は、人のプライバシーを何だと思っているんだ!借金しているのが、妻にバレて、離婚問題にまで発展してるんだ、どうしてくれるんだ!」

怒りのおさまらなかったこのお客様は、本社に電話。この男性社員は地方に異動となりました。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44916013

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。