My Yahoo!に追加

給与差し押さえって?

金融会社は、債務名義を元に裁判所へ差し押さえを申し立てます。

債務名義とは、簡単に言うと「裁判所へ債権債務の事実を認めてもらい、これを元に差し押さえが出来る」という書類のことです。


裁判所は債務者債務者の勤務先へ「債権差し押さえ命令」を送ります。

当然、ここで会社にバレてしまいます。場合によってはクビになったりする人もいます・・・

債務者が勤務している会社は裁判所のこの命令にもとづいて、債務者の給与の4分の1の金額を給与天引きして、金融会社に払わなければなりません。

ボーナスがある人であれば、かなりの金額を差し押さえされてしまいます。

これを債権に充当していき、完済するまで給与差し押さえが続いてしまいます。


給与差し押さえの状態にまでなる人は稀です。差し押さえになる前まで法的手続きと平行して任意での交渉が続くはずです。

しっかり話し合いを行い、任意で和解した方が絶対に得なので、誠意を持って、積極的に話し合いに応じるようにしましょう!
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/44911934

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。