My Yahoo!に追加

消費者金融で断られる人はこんな人

審査の結果、あまりにも属性が悪いと融資を断られます。

大手のプロミスの成約率は58%。驚くことに、半分弱の人は融資を断られているのが現実。

借入審査で融資を断られた人のショックは計り知れません・・・

断り文句としては「今回の条件ではご融資できません」とか「今回はご要望にお答えできない結果となりました」とか様々です。担当者に理由を聞いても教えてもらえません。

そこで、融資を断られるであろう人をリストアップしてみましょう。

●まず、100%断られる人・・・それは無職の人です。主婦の場合、夫に収入があれば大丈夫ですが、夫が失業中の場合は無理です。「働いていない=収入がない=返すお金がない」と判断されるのは当然です。

●家出状態の人!家出の事実を隠して申込んでも、在宅確認で両親が「ウチの子を知ってるんですか?」と言い、家出がバレるなんてケースも多々あります。

●明らかに申込み内容に嘘がある場合。

●自宅の電話や携帯電話の料金未払いで、利用停止になっている場合

●いわゆるブラックの人や他社許容件数オーバー、他社で延滞中の人。

●勤務先に在籍していても、無断欠席が続いてたりしていると在籍確認時でバレてしまい却下される可能性があります。

●申込んだ業者に既に同居家族が取引していて、その家族が延滞している場合。

この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。