My Yahoo!に追加

融資金額は属性で決まる!

☆属性って何?
消費者金融では、申込者本人の個人情報をもとに審査します。

氏名や住所はもちろん、職種や業種、年収、保険証の種別(国保or社保)、住居の種類(持ち家or賃貸)や居住年数、他社での利用状況なども聞かれます。これらをひっくるめて属性といいます。

この「属性」が高いほど、多く融資されます。

なぜか・・・それは属性の高い人は返済をしっかりしてくれるからです。

年収が多ければ、それだけ返済にまわせるお金があるとみます。勤務年数が長い人は、それだけしっかり仕事をしているという証。しかも、勤務年数が長いということは、会社での地位も高いと予測され安定した収入があると考えられます。住居も、持ち家の人より賃貸は逃げられる可能性が高く、最悪持ち家の場合は担保にもなり得ます。保険種別も、社会保険ということは正社員であることを証明してくれます。

このように、属性が高ければ高いほど、キチンと返済してくれる可能性が高くなるわけです。だから、属性が高い人のほうが必然的に多く融資してくれるのです。
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/40918765

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。